読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第1章 天皇

第1条:「象徴」がわからない

日本は国民主権。でも、憲法は「天皇」から始まります。私は普通の平凡な日本人として、なんとなーくそこはかとなーく天皇陛下をお慕いしています。それはたぶん、母からくりかえし「(昭和)天皇陛下はね、戦争に負けた後、自分はどうなってもいいから国民…

第2条:お世継ぎの話

2条は天皇のお世継ぎについて。 空気のように、そんなもんかなーと思っていた「世襲」もきちんと明文化してありました。この条文を実現するための「皇室典範」を見てみると……… 第1章「皇位継承」 第1条「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承す…

第3条:天皇は公人すぎる

「私人」割合の高い私には、「公人」生活の長所と短所がよくわかりません。仕事と生活は地続きだし、オンもオフもないし。 なので議員も公務員も会社員も大変ですよねと思いますのですが、「公人」割合がMAXなのが天皇陛下なのだなあ、としみじみしてしまい…

草案:第3条:国旗と国歌を入れるのはここ?

現行憲法の3条を6条4項に移動させて、草案で新しく3条として新設されたのがこれです。 「天皇」関係ないじゃん。 第1章は「天皇」について規定するための章なのに、なんでこれをここに入れちゃったのだろう。 第1章に入れるなら、章のタイトルを変えた…

第4条:天皇は権威づけをする?

法律しろうととして思いましたのは、天皇とは権威づけをするための存在と、この条文は言っているのかな、ということでした。 こんなふう。 1項めの「国事」は、6条と7条で詳しく規定されています。 2項め「法律の定めるところにより」の法律とは、「国事…

草案:第4条:元号を変える時

そういえば、年表を見ると江戸時代までは元号がやたらに変わっているのですが、ここ近年(?)は「明治時代は明治天皇」「大正時代は大正天皇」「昭和時代は昭和天皇」と、天皇おひとりに元号は一つなのでした。「一世一元の制」といって元号法(超シンプル…

第5条:摂政について

摂政。 歴史的な言葉かと思っていましたが、現役でした。昭和天皇が大正天皇の摂政におなりになったのは二十歳の時だそうです。 二十歳! 皇室典範では3章で「摂政」について定めています。 前条第1項の規定とは、「天皇は、この憲法の定める国事に関する…

草案:第5条:「天皇の権能」を際立たせる

第1章は、結構入れ替えが激しいですね。草案の第5条はこちらです。 現行憲法の第4条の1項を第5条にしたのでした。 上の一文です。 変更箇所はこんなふう。 「のみ」が削られているのには、どういう意図があるのでしょう。Q&Aには説明がありませんけ…

第6条:天皇のお仕事1

天皇陛下の「国事行為」について規定した6条です。 総理大臣は国会で指名する。最高裁判所の裁判長は内閣が指名する。で、天皇陛下はそれを「任命する」。 これもやっぱり、権威づけなのでしょうね。立法・行政・司法のうちの、行政府と司法府の長は、天皇…

草案:第6条2項:天皇のお仕事2

草案では、天皇の国事行為は6条に全部まとめました。 6条2項はこんなふう。 細かく決まっています。さて、これは、現行憲法では第7条でした。こちらです。 どこが変わっているかというと…… あ、草案の6条1項で新しく挿入された「国民のために」が、こ…

草案:第6条3項:天皇がお仕事をできないとき(短期)

天皇の国事行為についてまとめた、草案6条の3項目。 これは現行憲法では第4条の2項でした。 下の方です。 それをこうした、と。 前2項とは、6条1項と2項のことですね。より具体的に指し示しました。

草案:第6条4項:天皇と内閣の関係

天皇の国事行為をまとめた6条の4項です。 こんなふう。 現行憲法では第3条でした。 変更箇所はこんなふう。 「助言と承認」を「進言」としました。 進言とは「上位の者に意見を申し述べること。具申」(大辞林)。しもじも感がこう、またひしひしと………。 …

草案:第6条5項:天皇はお忙しい

天皇の国事行為についてまとめた草案の6条、最後の5項は新設条項です。 公的な場へのお出ましも明文化。 何に出て何に出ないか。どこに天皇や皇后がいらして、どこに他の皇族が天皇の代わりにいらっしゃるのか。 水面下でのそういう熾烈な戦いがありそうで…

第7条:天皇のお仕事0

これは現行憲法の「天皇の国事行為」。 草案では第6条2項に移動しました。 「儀式のための権威」は、日本では天皇陛下じゃないとつけられないんですね。外交官や政治家何百人ものお力があるのでしょうけれど、だからこそここまで規定しないといけないのか……

草案:第7条:天皇がお仕事をできない時(長期)

草案では、摂政についての規定を7条に移しました。 これは現行では5条だったもの。 さて、変更箇所はどこかというと…… 一文を2つに分けて、2項立てにしたんですね。 2項中の草案5条はこちら。 6条4項はこれです。

第8条:皇室の財産は私財ではない

皇室の財産について考えたことは、これまでの人生の中でたぶん15分くらいあるように思いますが、憲法で規定されているのですね。 いっさい自由にならない財産……。平民てなんて気楽なんだろう。 草案ではどうなっているのでしょう。 おや、大きな変更がある。…