読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第69条:内閣の総辞職のさせ方

 

内閣を総辞職させるには、こういう方法を使うのだそうです。

 

f:id:ANAMUMA:20160606021008j:plain

 

ふむ。 

不信任案が可決されたり、

信任案が否決されたりすると、

内閣には「衆議院の解散」か「総辞職」の道しかないのですね。

特に規定もないので、これは「出席議員の過半数」で決まってしまいます。

ここでもやっぱり「衆議院の優越」なのだなあ。

リアルタイムの民意で、結構ふわふわすることもありそうな69条です。

 

草案はどうでしょう。

 

f:id:ANAMUMA:20160606021018j:plain

 

 変更はないかしら。

 

f:id:ANAMUMA:20160606021029j:plain

 

助詞ひとつですね。

 

さて、「衆議院の解散」は内閣総理大臣の専権事項……となんとなく思っていましたが、実はここにしか規定されていないのだそうです。

そのため、草案では54条の1項に新しく、総理大臣は衆議院を解散できるんだよ、という条文を立てました。慣例が法に格上げされていく好例なのかもしれません。