写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第67条:内閣総理大臣の決め方

 

なんだかんだ言っても、総理大臣がいないと国政は始まらないのです。

 

f:id:ANAMUMA:20160606021245j:plain

 

総理大臣は国会議員でなくてはならないのですね。

ここでも「衆議院の優越」があるようです(「衆議院の優越」については、第59条に定めてあります)。

民意をダイレクトに反映している、というのはそれほど強いことなのか……。

 

草案はどうでしょう。

 

f:id:ANAMUMA:20160606021324j:plain

 

 あら。2項だったのが3項になっています。

大きな変更があるのでしょうか。

 

f:id:ANAMUMA:20160606021337j:plain

 

1項めを二つに分けたのですね。まあ、これは二つに分けたほうがすっきりするかもしれません。
そして3項め。

「議決」が執拗に消されています。

たぶん、意味があると思うのですが、ちょっとわかりません。なにかなあ。

 

……とにかく、立法府によって指名された「内閣総理大臣候補」を天皇が任命することによって、晴れて「内閣総理大臣」が誕生するのです。