写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第34条:逮捕された後の権利

 

人権というのはよくよく考えられているものだと思います。

 

f:id:ANAMUMA:20160607051216j:plain

 

かさをささないシランさん』という絵本を思い出しました。

あれは怖かったな。

不当な逮捕や拘禁がされないように、幾重にも憲法は定めているのですね。

 

草案はこうしました。

 

f:id:ANAMUMA:20160607051227j:plain

 

2項に分けたのはすぐわかりますが、それだけではないような……?

 

f:id:ANAMUMA:20160607051238j:plain

 

1項目は接続詞が変わっています。

現行の「かつ」は「and」ですよね? 両方ないとダメですよ、の意味になります。

草案の「若しくは」「又は」は「or」じゃないのかなあ。どれか一つだけあればいい、となるのではないかしら。

接続詞、小さいですが侮れません。

 

2項目もいささか不穏な感じ。

現行憲法では、「拘禁の理由」は「直ちに」「公開の法廷」で「示されなければならない」となっています。つまり拘禁したものの義務ということですよね。

草案ではこれが、「示すことを求める権利を有する」になっています。

拘禁された者が求めなければ示さなくていい、ということでしょうか。

まさかねえ。

Q&Aには変更の意図が載っていません。

 自民党の説明が欲しいところです。