写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第22条:どこで何をするかも自由

 

ずいぶんたくさんの自由が、この条項で保障されています。

 

f:id:ANAMUMA:20160607053349j:plain

 

どこに住んでもいいし、どこに引っ越してもいいし、どんな仕事をしてもいいですよ。

(「公共の福祉」に反しなければ)。
外国に住んでもいいし、国籍を変えるのもOK!

 

これも空気みたいに、当然のように思っていますけれど、そうでない時代もあったし、そうでない国が今でもあるのでしょう。

つくづく今の日本は、ふんだんに「自由」があるなあ、と思います。

 

さて、草案はどのようでしょう。

 

f:id:ANAMUMA:20160607053400j:plain

 

1項が短くなりました。どこを削ったかというと…… 

 

f:id:ANAMUMA:20160607053410j:plain

 

1項目の自由に制限がなくなりました。

もともとなんで制限がついていたのか、わかりません。理由があるに違いないけど、文字だけ読んでもわかんないですね、これは。

2項目は「何人も……侵されない」が「全て国民は……有する」になっています。

昔より国外移住が増えたので、表現もソフトになったのかしら。

 

小さな謎が埋まっている22条です。