写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第21条:「表現の自由」の砦

 

19条は思想と良心の自由を保障していました。

そして21条は表現の自由を保障しています。

 

f:id:ANAMUMA:20160607053623j:plain

 

この権利が保障されない時代は、そんなに前じゃなかったのですね。

言葉をちょっと付け加えるだけで、容易に意味が反転しそうな、シンプルかつ美しい条文です。

 

草案はこんなふう。

 

f:id:ANAMUMA:20160607053634j:plain

 

2項が新しく挿入されましたね。

 

f:id:ANAMUMA:20160607053652j:plain

 

12条13条に続いて、「公益及び公の秩序」の登場です。 

 

新設された2項に唸ってしまう。

これはたいへんたいへんたいへん難しい問題です。何を「公益及び公の秩序」とするかで、ずいぶん変わってきてしまうだろうし。条文の言葉はそのままに、今は合法でも、30年後には違法になってしまう、なんていう活動もありそうです。

 

最近、ヘイトスピーチの規制法ができました。それが早速効力を発揮するようなことが川崎であって、頼もしさと同時に、法律の恐ろしさを感じました。

 

ここは「公益及び公の秩序」ではなく、「公共の福祉」の出番じゃないかなあ、と思います。