写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第18条:「奴隷的」とは穏やかじゃない

 

ちょっとギョッとする言葉が出てきました。

 

f:id:ANAMUMA:20160607054116j:plain

 

2文目はわかります。犯罪者の処罰の懲役のことですよね。

しかし1文目の「奴隷的拘束」というのは、穏やかならぬ言いようです。 

知っているようで知らない「奴隷」の定義。コトバンクではこんなふう

あ、そうか。歴史的に考えると、吉原の女性たちなどの扱いを考えるとピントが合います。たしかに、自分や家族、友人・知人が「奴隷的拘束」を受けると考えると、身の毛もよだつ嫌悪感があります。

 

f:id:ANAMUMA:20160607054127j:plain

 

自民党の草案では、この強い言葉が消えましたね。

どんなふうに変更したのでしょう。

 

f:id:ANAMUMA:20160607054138j:plain

 

 2項立てにしました。

あと、強烈な「奴隷的拘束」をソフトに言い換えたんですね。

本人が望もうが望むまいが、社会的・経済的に身体を拘束されないのだ、と。

 

心理的」という言葉はいらないかな。