読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第12条:憲法は私たちがメンテする

 

この12条は、写していていちばん好きだった条文です。

 

f:id:ANAMUMA:20160607054927j:plain

 

いいですよね。

ほったらかしたり濫用したりすると、憲法といえども磨耗してくるから、自分たちでメンテナンスしないといけないですよ、と。

そういう意味では、改憲の動きというのは悪いことではないのかもしれません。見直すきっかけになります。

 

さて、一方の草案はこんなふう。

 

f:id:ANAMUMA:20160607054952j:plain

 

結構変わっています。変更箇所はここ。 

 

f:id:ANAMUMA:20160607055013j:plain

 

 ・自由や権利には責任と義務が伴うと自覚しなさい

 

上から目線に国民の「しもじも感」 が増幅されますが、そんなことを言うあなたはだあれ? 

 

 そしてもう一つの大きな変更は、「公共の福祉」から「公益及び公の秩序」へ用語が置換されていること。

「わかりにくいから変えた。内容は変わらない」

って官房長官が言っていましたけれど、本当かしら。

 

 草案のQ&Aでは、この置換について、こんな回答をしています。

 

(「公共の福祉」を「公益及び公の秩序」に改めた理由)

従来の「公共の福祉」という表現は、その意味が曖昧で、分かりにくいもの です。そのため、学説上は「公共の福祉は、人権相互の衝突の場合に限って、 その権利行使を制約するものであって、個々の人権を超えた公益による直接的な権利制約を正当化するものではない」などという解釈が主張されています。しかし、街の美観や性道徳の維持などを人権相互の衝突という点だけで説明するのは困難です。 今回の改正では、このように意味が曖昧である「公共の福祉」という文言を「公益及び公の秩序」と改正することにより、その曖昧さの解消を図るとともに、憲法によって 保障される基本的人権の制約は、人権相互の衝突の場合に限られるものではないことを 明らかにしたものです。

 

国際人権規約における人権制約の考え方)

我が国も批准している国際人権規約でも、「国の安全、公の秩序又は公衆の健康若し くは道徳の保護」といった人権制約原理が明示されているところです。また、諸外国の 憲法にも、公共の利益や公の秩序の観点から人権が制約され得ることを定めたものが見 られます。

 

(「公の秩序」の意味)

なお、「公の秩序」と規定したのは、「反国家的な行動を取り締まる」ことを意図した ものではありません。「公の秩序」とは「社会秩序」のことであり、平穏な社会生活の ことを意味します。個人が人権を主張する場合に、人々の社会生活に迷惑を掛けてはな らないのは、当然のことです。そのことをより明示的に規定しただけであり、これによ り人権が大きく制約されるものではありません。

 

「公共の福祉」が人権相互の衝突の場合に権利を制限するのだとしたら、それは最終的に司法の判断になるのではないかと思うんですが、
「公益」や「公の秩序」となると、立法・行政の価値判断が入ってきそうです。
警察とかも、出てくるかしら。


ちょっと危険な香り。