写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第10条:「国民」ってだれ?

 

国民の権利と義務について書かれた3章は「国民の要件」から始まります。

「国民てだれのことですか?」

 

f:id:ANAMUMA:20160607055225j:plain

 

あ。肩透かし。

では自民の草案ではどうでしょうか。

 

f:id:ANAMUMA:20160607055237j:plain

 

あまり変わらないですね。

どこが変わったのでしょう。 

 

f:id:ANAMUMA:20160607055247j:plain

 

・タイトルをつけた

・文語的な言い方をやめた

・目的語となる指示語を削除した

 

これは、草案全体に共通する変更の仕方です。

さて、肝心の「国民」の定義は、「国籍法」に書いてあるそうです。こちら

国籍法って、何度も改正されているんだな。「国民の要件」も時代のなかで微妙に揺れるのかもしれないですね。

 

ニュースなどで、政治家や企業家の人たちが「国民のみなさんに……」なんて口にするのが、とても気になります。まるで自分が「国民」じゃないみたいな、そんな言い方しなくてもいいのに。国民が、国民の中から、自分たちの代表を選んでいるのだから、選ばれた人も国民なのに。ちょいと他人行儀じゃないでしょうか。 

 

ところで、天皇陛下や皇族方は「国民」なのでしょうか。

そういうたいへん難しい問題は、学者先生におまかせです。