写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

第9条:現行憲法のスター「戦争の放棄」

 

さて、9条です。

現行憲法では、第2章はこの9条のみ。章タイトルは「戦争の放棄」です。

 

f:id:ANAMUMA:20160607055640j:plain

 

いろいろな法律によって、すっかり骨抜きにされてしまったのではないか、という感も否めない9条ですが、あるとないとでは抑止力が全然違うと思うんですよね。

第2項の「前項の目的を達するため」というのが、よく聞く「芦田修正」というところだそうです。「じゃ、そうじゃなきゃいいのだね」という解釈への道を開いたということでしょうね、きっと。

 

では、草案の9条はどうかというと、こんなふう。 

 

f:id:ANAMUMA:20160607055653j:plain

 

こちらでは2章は3条入っています。章タイトルは「安全保障」に方向転換。

9条の変更箇所はこんなふうです。

 

f:id:ANAMUMA:20160607055705j:plain

 

1項の「永久にこれを放棄する」が、「用いない」になったんだ。軽くなりましたね。

せめて「決して」くらい入れて欲しいような……。

2項目はずばっと核心を明記しました。


文字だけ見ると似ているようで全く違う、現行と草案の第9条。オーウェルの『動物農場』みたい。

 

 

*2017年5月3日に、安倍氏が「加憲」について言及しました。現行憲法はそのままで、第3項で「自衛隊の存在」を明記するとのこと。
うーん。それってどうなの。なんか、“増築をくりかえして当初の目的を忘れた前衛的建築物の廃墟”みたいになりそうではないですかしらん?

私は以前から、憲法自衛隊を明記する必要があると思ってきました。自衛隊を持っているのに「軍隊は持っていない」と言ったりするから無理筋な解釈を重ねることになって、結果、ずるずると拡大運用されていってしまうと考えるからです。

私たちは「我々は国を守るためとはいえ、非常に強い武力を持っている」ということをしっかり自覚する必要があります。

「危ない道具を持っている」「それを効果的に使う能力を備えている」「でも恣意的には決して使わない」と約束した上で、「どういうときに使うかというと……」と運用を細かく規定するのが、私の考える理想の「9条」です。

政治の言葉は、「正しい語法」を使い論理的に構築しないといけないと考える私は、9条改定に賛成ですが、現政権での9条改定には反対です。