写・憲法やってみた

日本国憲法と自民党改定草案を写してみました。違うところも一つずつ見てみました。

草案:第6条4項:天皇と内閣の関係

 

天皇の国事行為をまとめた6条の4項です。

こんなふう。

 

f:id:ANAMUMA:20160607061306j:plain

 

現行憲法では第3条でした。 

f:id:ANAMUMA:20160607061721j:plain

 

変更箇所はこんなふう。

 

f:id:ANAMUMA:20160607061330j:plain

 

「助言と承認」を「進言」としました。

進言とは「上位の者に意見を申し述べること。具申」(大辞林)。
しもじも感がこう、またひしひしと………。

 

そして大きいのは「衆議院の解散」について。
衆議院の解散は、てっきり内閣総理大臣の胸ひとつとどこかに記述してあるのかと思っていましたが、なんだか根拠法はかなり曖昧みたいです。今までのは慣例ということなのかしら。

明文化するのは悪くないけれど、首相ひとりが決めれば解散できるというのは、いかがなものでしょう。